国際ソロプチミスト今治

これまでの活動

2015年7月~2016年6月の活動

*国際ソロプチミスト今治認証20周年記念事業完結
 夏目漱石「坊ちゃん」明治初版本・大正版〈縮刷本〉
 各1冊今治市立図書館へ寄贈
写真  認証20周年記念事業の一環として、夏目漱石の「坊ちゃん」明治版・大正版各1冊、今治市立図書館への寄贈時に大正版の状態が余りにも悪く、再度入手してからの寄贈と決定。 その後は神田の古書店、図書関係者等へ度々依頼し、古書探しに尽力。いつも頭の中は大正版探求で一杯だった。あれから10年、漱石没後100年の年にやっと大正版を入手。感謝と感激に涙した。現在、稀観本2冊は除湿機付きケースの中で市民の皆様をお待ち申し上げている。
*カンボジアへ支援物資を送る
2016年6月16日(木) 於 今治国際ホテル

写真  2007年より継続して、愛媛県出身の高山良二氏(IMCCD国際地雷処理・地域復興支援の会)を通じて、カンボジアの女性デマイナー(地雷処理の女性)と日本語教室に通う子ども達に、会員から寄附のタオルや文具等を贈っている。今年も例会後、会員協力のもとタオル400枚、ホテルグッズのヘアブラシや歯ブラシの他、ホワイトボード用青マーカー等をダンボール2個に詰め発送。現地の人々や子ども達からの笑顔の便りが楽しみである。
*国際ソロプチミスト今治 認証30周年記念事業
 “The Day I Became Your Mom”今治市内の各小学校・幼稚園・保育所へ寄贈
 長野ヒデ子(今治市出身)原作「おかあさんがおかあさんになった日」
 英訳:アーサー・ビナード
 今治市出身の絵本作家、長野ヒデ子氏作の「おかあさんがおかあさんになった日」は、不思議な力を持っている。文章も絵もシンプルかつリアル。絵本という範疇に収まらない。内容もシンプル。親になることを土の中から湧き出てくるような喜びとして書いている。この力に満ち満ちた本を英訳すれば、今の時代、より多くの方に読んで頂けるのではないかと思った。英語は好むと好まざるにかかわらず、世界共通語としての役割が強くなっている。子供の時から、幼児であればあるほど、英語の絵本と言えども、日本のオリジナル絵本を手にしてほしい。「女性と女児の生活向上」を使命とする奉仕団体として、女性の出産を扱い、手にする子供に「大歓迎であなたは生まれてきたのよ」とのメッセージを送っているこの本の英訳は、英語教育が低年齢化している時代の要請に会うのではないかと考えた。今治市教育委員会の全面的なご協力のお蔭で、今治市内の幼稚園・保育園・小学校に広範にお配りできたことは誠に有難かった。最後になったが、著名な詩人、アーサー・ビナード氏に英訳の労を取って頂けたのは望外の幸せであった。
写真 写真

*国際ソロプチミスト今治 認証30周年記念コンサート
 小曽根 真 ソロライブ
2016年4月16日(土)於 今治市公会堂

 国際ソロプチミスト今治30周年記念事業の一つ。お世話になり育てて下さった地元の方々へのお礼の気持ちを込めて開催した。松山、西条 新居浜、また高知からも入場者があった。小曽根氏は今治では初登場である。ジャズとかクラッシックとかのジャンルを軽々と超える素晴らしい演奏で聴衆を魅了した。印象派の絵を見るような音楽であり音色であった。前日に公会堂備え付のピアノのアクション部分を全て入れ替えての演奏だった。
写真

*国際ソロプチミスト今治 認証30周年記念講演会
 櫻井よしこ「教育が拓く未来」
2016年3月19日(土)於 今治市公会堂

 聖徳太子が制定された17条憲法の一節“和を以て貴しと為し、忤ふること無きを宗とせよ・・・”を引用され人としての教育は日本古来から大切に守られ人間としての道徳心も備わって来ていた。だが今日ではややもすればないがしろになりつつある。教育が人を育て、社会を変えると会場一杯の方々に、教育の大切さを力説された。
 「教育が拓く未来」ご聴講下さった皆様夫々が教育について改めて考える機会になったのではと思います。
写真 写真

*カンボジアからの留学生への支援金贈呈とミニ講演会
2016年3月17日(木) 於 国際ホテル

写真  SI今治は2007年から継続して高山良二氏NPO法人『国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD)』代表を支援しています。昨年度に続きカンボジアから留学中のスロ・リスラエンさん(聖カタリナ女子高生)の日本語学習費用に充てる支援金を贈呈。授業のあるリスラエンさんの代わりに東雲女子大学に留学中のタン・チェンターさんと帰国したばかりの高山氏を迎えてミニ講演会。カンボジアの現状や留学生の想いを聞かせて頂いた。
*第10回「俳句キッズわくわくコンテスト」授賞式
2016年3月13日(日) 於 今治市市民会館2F大会議室

写真  俳句を通して自分の言葉で表現する喜びを感じ感性豊かに、心豊かに成長して欲しいとの願いで始まった「俳句キッズわくわくコンテスト」も10回を迎えた。市内26校の4~6年生を対象に句題「風」で俳句を募集。1,106句の応募が有り、俳人夏井いつき氏が55句選句。授賞式を開催、入選児童一人一人の良さを引き出す講評にこれからも俳句を作ろうという児童たちの意欲を感じた。
*国際ソロプチミスト今治 認証30周年記念式典
2016年2月11日(木) 於 今治国際ホテル

会長 藤井 信子
 国際ソロプチミスト今治は1986年2月16日 松山クラブ様のスポンサーにより誕生。村上偕子チャター会長の元、26名が現在の今治市、当時の12市町村より集まりました。以来30年、会員数も47名と順調な発展を遂げることができましたのは、地元の皆様方のご支援と姉妹クラブの方々の暖かいご指導の賜物と、心より御礼申し上げます。
 「女性と子どもの生活の向上」を目標に、この30年間多岐にわたる活動を展開して参りました。この活動の多彩さが私たちクラブのエネルギーの源と自負しております。 今後とも変わらぬご支援とご指導をお願い申し上げます。
写真 写真
(左)式典の様子(右)記念事業寄贈車両「移動入浴車」「スマイル・チャイルド号」展示

*吹揚児童クラブと食育活動
2016年1月23日(土)於 四国ガス ピポット

写真  何十年に一度の大寒波の中で開催が危ぶまれたが、吹揚児童クラブの一年生から五年生と初めての調理実習を行った。一人でもご飯が作れるようにと食育マイスターに調理の仕方や栄養について分かりやすく教えてもらい、みんなで楽しく調理して食べた。「お代り!」の声もいっぱい聞こえたよ!
*ユニセフ「ハンド・イン・ハンド」募金活動
2015年12月22日(火) 於 市内スーパー5か所

写真  2015年テーマ:「すべての子どもに5歳の誕生日を」認証以来30回目参加。発展途上国の子どもが、一人でも多く健康で幸せに“いのち”が守られる事を願っての募金活動。寄せられた善意は、早速日本ユニセフ協会に送らせて頂きました。
*HIV予防キャンペーン
 テーマ“AIDS IS NOT OVER ~だから、ここから~”
2015年11月19日(木) 於 JR今治駅前

写真  「12月1日世界エイズデー」に際し、公益財団法人エイズ予防財団、今治保健所のご協力を得て、未だ増え続ける現状を広く知ってもらい、感染を防ぐよう、また偏見を無くすように、若い人を中心に「HIVの検査をよびかけるパンフレット」や「啓発グッズ」を手渡し呼びかけた。「新規感染者ゼロ」をめざして、今治クラブ はこれからも、キャンペーン活動に協力致します。
*総合福祉センターまつり
2015年11月8日(日) 於 総合福祉センター

写真  福祉センターまつりにバザー出店。会員が持ち寄った品物の豊富さと市価の半額以下での販売とあって、今年も大盛況。会員の俄店員ぶりもプロ顔負けの笑顔で応対し、好評のうちに完売。この収益金は地域の奉仕活動資金に充てさせて頂きます。
*国際ソロプチミスト今治 認証30周年記念茶会
2015年11月1日(日) 於 今治国際ホテル 真珠の間

写真  お天気に恵まれた11月1日記念茶会が催されました。認証30周年を記念して 趣向を「お祝」とさせて頂き、おめでたいお道具を揃えました。顧みますと平成2年10月10日、河野美術館で第1回目、その後柿ノ木庵等で催してより今回で 24回目。これまで、会員一同が心をこめて、大勢のお客様をお接待することが出 来ました事、心より感謝しております。例年通り中国からの研修生をお招きした他、国際交流協会を通じ各国の留学生も多数御来席頂きました。
*今治療護園・今治育成園利用者との花植え
2015年10月20日(火) 於 今治育成園玄関広場

写真  秋晴れの清々しい日ざしの下、恒例の花植え交流会が行われた。参加者115名。今年は、園利用者の方々が小さい花苗から育てたパンジーとビオラの花植えを楽しんだ。園利用者・職員の方たちと直に交流できるこの活動が会員にとっても有意義な時間になっている。
*SI今治・SIいしづち合同例会 ~ガバナー公式訪問~
2015年9月17日(木) 於 今治国際ホテル

写真  秋晴れの9月定例業務例会は、親しい顔ぶれが加わって和やかな雰囲気の中、開会。井上ガバナーからは、「未来を形作る」について、集合的影響力を高めるために各クラブが今すべき事の講話。金子ガバナーエレクトからは、「ソロプチミストの歴史」について、これまで尽力されて来た先輩会員の偉業とエピソードを交えて講話。全会員が興味深く拝聴して、閉会となった。
*2014-2016年期 日本西リジョンユースフォーラム
2015年8月18日~19日 於 大山ロイヤルホテル

写真  西リジョンより青少年育成プロジェクトとして誕生したユースフォーラムに45名の女子高生が一堂に集い、テーマに沿って白熱した討論を交した。当クラブ推薦の今治西高2年髙岡美里さんは健闘し、審査委員長の「特別賞」に選ばれる快挙をなした。この会でのクラブ受賞は初めてなので、参加していたオブザーバー一同感無量であった。
*第21回地域福祉まつり
2015年7月25日(土) 於 今治育成園グランド

写真  夏本番。夕暮れとは言え、まだまだ陽射しの陰らない中、今年も焼きそば販売とごみステーションのお手伝いに参加。焼きそばの前には行列。ごみ分別は年々参加者の意識と協力でスムーズに。園関係者、地区をあげての恒例夏祭りは、演奏やゲームで賑わう中、格安産直販売なども有り、お手伝いに参加した会員もウキウキ♪
*DV防止キャンペーン ~ホットラインカード作成~
2015年7月 於 市内各所

 DV防止キャンペーンとして、今回ホットラインカードを4000枚作成した。今回デートDVに重点を置き、市内全高校・短大・看護学校の全女子生徒および女子職員に配布した。また2つのホテル、4つの飲食施設、2つの保養施設や16の医療機関の女子トイレにも設置をしてもらった。
※画像クリックで拡大表示(左:表面、右:裏面)
写真
相談機関の電話番号
愛媛県配偶者暴力相談支援センター
 ※リンククリックで各相談機関のホームページが開きます
 愛媛県福祉総合支援センター 電話相談 089-927-3490
 月~金 08:30~17:15
女性のための夜間電話相談
 毎日 18:00~20:00
 愛媛県男女共同参画センター  火~金 08:30~17:30 089-926-1644
 土・日 08:30~16:30
 今治市子育て支援課  月~金 08:30~17:15 0898-36-1529
 今治警察署生活安全課  月~日 24時間 0898-34-0110
 夜間・土・日・祝日は当直対応

div< style="text-align:center"><<戻る


ページトップへ