国際ソロプチミスト今治

今期の活動

ぱれっとクリスマス会
2017年12月16日(土)・23日(土)於:今治市総合福祉センター
 今治市子どもの学習等支援事業 “ぱれっと”のクリスマス会に参加させていただきました。
当日は学習の後、クリスマスケーキ作り、レクリエーションというプログラムの中で、今治クラブは、
ぱれっとサンタからのプレゼント!という形での参加です。事前にリクエストのあったサンタへのお願いリストの中から、ホワイトボード、CDラジカセ、俳句用季語集、英検3級の本とCD、チョコレートbox等を手渡すことができました。 子ども達が大学生ボランティアと共に手作りしたクリスマスケーキはプロ顔負けの出来栄え!23日には私達も一緒にご馳走になり、逆に思いがけない贈り物をいただきました。
IMG_3998 .jpg 写真

ユニセフ「ハンド・イン・ハンド」募金活動
  2017年テーマ「こどもたちに生きるチャンスを」  
2017年12月23日(土)  於 市内スーパー4か所
(公財)日本ユニセフ協会が1979年(国際児童年)に開始した募金活動に、今治クラブも1986年認証以来毎年参加し、今回32回目になります。深刻化する貧困、紛争等で年間300万人の子どもが栄養不足に苦しみ、年間150万人、約20秒に1人失われている幼い命を守る為に活動しています。市民の皆様の温かいお気持ちと、場所を提供してくださった各店舗のご協力のお陰で、今年も街頭に立たせていただき、寄せられたご厚志を ユニセフ協会に送ることが出来ました。  

HIVエイズ予防啓発キャンペーン
  2017年テーマ「UPDATE!エイズのイメージを変えよう」
2017年11月30日(木) 於 JR今治駅
 12月1日の「世界エイズデー」に際し、公益財団法人エイズ予防財団、 今治保健所、AAA (Act Against AIDS) のご協力を得て、いまだに増え続け、幅広い世代への感染危機が迫っているエイズの現状を若い人に知ってもらい、予防へと繋がるよう「AAA啓発パンフレット」や「保健所の夜間検査日記載チラシ」「啓発グッズ」300部を、JR駅利用者やバス利用者に配布しました。9回目を迎えた今回、「HIV検査に行くことが、大きな一歩」と、啓発活動を継続していく思いを新たにしました。

*(公財)ソロプチミスト日本財団年次贈呈式
  「活動資金援助」受賞 「今治自然科学教室」
 2017年11月17日(金) 於 パシフィコ横浜「国立大ホール」

写真  1961年、郷土の自然を愛し、自然から様々な事を学ぶ子どもに育って欲しいと理科教育に熱心な教諭が自主的に月1回の教室を開始した。以来、56年途切れることなく610回以上続いている。行政の助成金は事前調査と講師や引率者の交通費などとして使われる為、学習を深める備品購入が出来ない。各学校から持ち寄る教具は数が少なく、老朽化している現状。今回の「活動資金援助」で雪の結晶などの観察に使うルーペや、野鳥、地層、天体観測に使う双眼鏡や図鑑を購入し、学習の幅を広げたいとの事。資金困難な状況の中で努力している地元団体のお役に立てた事を喜ばしく感じている。
*総合福祉センターまつり
2017年11月12日(日) 於 今治総合福祉センター 4F

写真  秋晴れの下 恒例の福祉センターまつりにバザー出店。
お客様に販売前から並んで頂く大盛況で、SI今治会員も
笑顔で接客に大忙しでした。一番人気のおはぎは販売開始早々に完売。会員が持ち寄った多数の品物も市価の半額以下の販売とあって大好評でした。この収益金は地域の奉仕活動資金に充てさせて頂きます。

*今治療護園・今治育成園利用者との花植え
2017年10月3日(火) 於 今治育成園玄関前広場

写真  今回で11回目になる花植えが開催されました。
今年はあいにくの曇り空でしたが、パンジー、ビオラ、ナデシコの色鮮やかな草花を園利用者と施設関係者、SI今治会員でプランターに植えました。毎年の恒例行事になり、顔なじみ同志の和気あいあい作業は、穏やかで心和む有意義な時間でした。
作業後には、2010年6月から療護園が営業している、喫茶ボランティア 「茶れんじど」にて美味しい昼食をご一緒し、今後も継続活動して行く事をお約束致しました。
*高山良二氏をお迎えしてプログラム例会
2017年9月21日   於 今治国際ホテル

写真
高山氏を囲んで
 2007年から継続して支援をしているIMCCD(認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会)理事長高山良二氏をお迎えして例会後にミニ講演会を開催した。カンボジアの地雷処理の現状や日本語学校で学ぶ子供達の様子 今年6月に日本でも発売開始したカンボジアの芋焼酎“ソラークマエ”のこと等高山氏の熱い思いがよく伝わってきた。また現地タサエン村のオーガニックレモングラスで作ったアロマオイル カンボジア黒コショウ、カラフルなクロマ―の販売もあり盛況だった。会員皆からの募金と毎例会時回収している書き損じハガキもお渡しした。
写真 写真
    講演会風景               アロマオイルと黒コショウ
*2016-2018年期日本西リジョン ガールズ・サミット参加
 テーマ「夢を拓く:女子高生のためのキャリアサポート」
     “なりたい自分になるために”~今できること~
2017年8月22日~23日 於 鞆の浦 ホテル鷗風亭

写真  各クラブから推薦された51名の女子高生がテーマに沿って白熱した討論と発表を繰り広げた。当クラブからは今治北高校2年長谷部澪花さんが参加。「なりたい自分」をとことん追求した濃い2日間。志を語り合ったユースと共に、夢の実現に向かって力強く踏み出してくれることでしょう!


<<これからの活動>>

  • 警察(生活安全課)講演 予定
  • 第12回俳句キッズわくわくコンテスト 2018年 3月4日(日)
  • チャリティーコンサート「歌工房 Bon-Voyage」加賀清孝と愛する仲間たち 2018年3月31日(土)
  • 日本西リジョン第32回リジョン大会 於 広島国際会議場 2018年 4/17(火)~18(水)
  • SI釜山冬柏クラブF/L締結20周年記念式典参加 2018 年5月24日(木)~27日(日)
  • カンボジアへ未使用文具・タオル等を送る 2018 年6月予定

<<これまでの活動>>

諸団体・施設へ支援しています

  •  まごころ銀行(社会福祉協議会)寄付
  • 「今治市花と緑と光の会」後援
  • 「今治市国際交流協会」後援
  • 「今治市おんまく祭り」協賛
  • 「河野美術館を育てる会」後援
  • 「NPO法人人身取引被害者サポートセンター」支援

国外への支援 (国際・アメリカ連盟・日本西リジョンプロジェクトに協力)

  • 発展途上国の女性の自立と生活支援のためのプロジェクト
  • ユニセフ・ユネスコ・国連UNHCRを通して難民救済
  • 女性と女児へのDV被害者救済支援


ページトップへ